引越し 縁起

引越し日と縁起かつぎ

引越し 縁起

 

縁起の良い日に引越ししたい!
そう思ったり、そういうことを言われたりしたことはありませんか?

 

カレンダーを見ると曜日の横に「大安・仏滅・先勝・先負・赤口・友引」と書かれてあると思います。
これらは六曜と呼ばれ、日本では行事の日取りを決めるのに重要な意味があります。

 

それぞれの意味を知っておくと、これから役に立つことがあるかもしれません。

 

・大安・・・何をやっても上手くいく吉日
・仏滅・・・仏も滅するほどの大凶日
・先勝・・・早ければ吉なので午前中が吉、午後2〜6時は凶
・先負・・・午前中が凶、午後が吉という先勝と反対の日
・赤口・・・しゃっこうと読み厄日とされる。何もするのも向きませんが、11〜13時の正午の前後だけは吉とされています。
・友引・・・大安に次いで吉ですが、朝は吉で昼は凶で夕方から大吉という忙しい日です。友達をあの世に引き寄せるという意味もあるため、葬式は行わない。

 

結婚式は「大安か友引」に行う人が多いです。大安は早々と結婚式場の予約が埋まります。
そしてお葬式は友を引くので縁起が悪いという理由で「友引には行わない」のが一般的です。もし友引に当たる場合は日にちをずらすようにします。

 

このように日本人は昔から縁起の良い日や悪い日にとても敏感なのです。
若い人はともかく、年配にはるほどそういう傾向が強くなるようです。

 

では引越しはどうでしょう?

 

引越しは大安が良いという方もいますので、今でも大安の日は人気があります。
自分は気にしないけど、親がとても縁起を気にするという方もいます。

 

しかし逆に仏滅は引越し業者が割引してくれるから、その日に引越しするという方もいます。
縁起がいいとか悪いとかを気にするのは、人それぞれですね。