引越し ダブル家賃

引越しでのダブル家賃の回避

引越し ダブル家賃

 

引越し日を月末に設定する人はとても多いです。そちらの方がお得だからです。
月末に引越しすれば、同じ月に家賃が2ヶ所分発生しなくて済みます。

 

旧居と新居、2ヶ所分の家賃の支払いが同じ月になるとキツイですよね。できれば綺麗に入れ替えたいところです。
引越しをすることが決まったなら、まず大家さんや管理会社に電話をして退去の意向を示しましょう。

 

管理会社に連絡したらしれから新居を探しますが、家賃が被らないように建設中の新築を探すという方法があります。
ただしこれは引越し日までに完成しなければかなり厳しい条件で、現実的とは言えません。

 

では1ヶ月フリーレントという物件はどうでしょうか?

 

フリーレントとは、「最初の●ヶ月は家賃がタダですよ」という物件です。
人口の減少による空き家の増加で、賃貸経営のオーナーさんは入居者が少しでも入りやすくということで、数ヶ月分の家賃が不要になります。

 

最近は初月無料の物件も増えてきましたが、これらの物件が自分の住みたいエリアにあるとは限りません。

 

一番できそうな方法は、新居物件を管理している不動産会社に相談して、初月の家賃を日割りにしてもらう方法などです。
物件のオーナーさんも長く空き物件にするのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。