草加市で安くて評判の良い引越し業者の探し方

草加市で安くて評判の良い引越し業者の探し方

草加市 引越し 相場

草加市 引越し 価格

草加市 引越し 見積もり

草加市 引越し 最安

草加市 引越し 料金

 

草加市の引越しで検索すると、20件ほど引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってください。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。
しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。

 

できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

草加市 引越し

 

引越しの費用は時期によって変わる!

草加市 引越し 時期

 

引越しシーズンというのをご存知ですか?
1年のうちで最も引越しが多いのは3〜4月の新学期前です。

 

受験を終えて進路の決まった大学生、就職したばかりの新社会人、人事異動で新年度を新しい会社で迎えるサラリーマン。
みんな4月から始まる新生活に備えて引越しをするものですから、3〜4月は引越し業者も「繁忙期」としていつもより人手を増やして備えます。

 

繁忙期は人件費のコストが上がりますので、どうしても通常期に比べると引越し費用が高くなるのです。

 

出来ることなら引越しは繁忙期を避けて、他の月に行うのがオススメです。
もしどうしてもこの時期でなければならないのであれば、新居を早く決めて引越し業者一括見積もりを早めに行いましょう。

 

先延ばしにするほど安くて良い引越し業者の予約は取りにくくなります。
早めに動くことで、繁忙期の引越しもスムーズに行うことができますよ。頑張ってください。

 

 

引越しにかかる初期費用

 

草加市引越し初期費用

 

引っ越しはお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用は以下のようなものがあります。
敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など
いろいろあって名前もややこしいので、1つずつ説明しますね。

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用であり、入居前に管理会社に預けるという形です。綺麗に部屋を使っていれば戻ってくることもあります。入居時に大きな傷がすでについている場合は、管理会社に確認してもらうか家具を入れる前に自分で写真に撮っておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金です。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。
礼金をゼロにすることで入居しやすくし、空室をなくしたいという貸主さんの思いがあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている家賃の滞納リスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
しかし法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。最近は仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
火元が自分でない火事でもらい火をした場合、火元の住民に賠償を請求したいところですがそれはできません。
もらい火で全焼しても自己責任となりますので、火災保険は自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。2名書かせることもありました。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほどかかります。
しかしカギは家族分をスペアキーとして作る人が多いので、一体いくつ作られたのかは大家さんにも管理会社にも把握できません。。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような初期費用がかかります。
これらの他に引越し料金、カーテンや照明代、新しい家具家電の購入など引越しは物入りです。
計画的に予算を組んでおきましょう。

 

 

引越し準備の順番

 

引越し準備

 

引越しの準備はすることが多いです。
どんなことをするのか先に確認しておくと便利ですよ。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけでもいっぱいすることがあるように見えますね。
しかし、実は時期が違うので一度にすることはそんなにないのです。

 

引越しと言えば引越し業者選びですが、新居が決まってからでないと費用が正確に計算できないのです。
物件によっては4階なのにエレベーターがなかったり、道が狭くてトラックが入れない道路に面しているものがあります。
こういう物件は人海戦術だったり、長時間作業になるので、費用が高くなります。
引越し業者への見積もりは、新居が決まったらすぐというタイミングがオススメです。

 

次に荷物の梱包ですが、不用品もとりあえずダンボールに詰めるというのは不経済です。
荷物が多くなるほど引越し費用は高くなります。
運ぶのに時間がかかったり、大きなトラックが必要になったりするからです。
荷物を減らすために不用品は売る・あげる・捨てるなどしてくださいね。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を必ず提出しましょう。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
役所に行ったついでに国民年金と国民健康保険の窓口でも手続きのことを聞いておくといいかと思います。

 

電気・ガス・水道は引越しする日までは現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割りで精算してくれます。精算方法は会社によって異なるので電話で確認してください。
もし同じ市内の引越しなら、引越し日に新居で使えるように手配しましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
しかし郵便局で転送届を提出しておけば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大型家具の置き場所を決めておいて引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。引越し後2週間以内に行ってください。

 

荷解きはどうぞゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認してから行きましょう。

 

 

引越しあいさつのタイミング

 

引越し挨拶

 

引越しの時にご近所への挨拶は何となく気が重くて困りますね。
でも新生活を気持ちよくスタートするためには挨拶はしたほうが良いです。

 

ではどのタイミングで挨拶に行くのが一般的なのでしょうか?

 

ズバリ引越ししたその日か遅くても翌日までに、ご近所へ挨拶に行きましょう。

 

なぜそんなに早く行く必要があるかと言うと、先延ばしにするほど廊下や道路でバッタリ会うと事が多く、そうなると挨拶に行くタイミングを失うからです。
引越しの日は忙しいですが、合間を縫って挨拶しに行きましょう。

 

手ぶらで行くという方もいますが、初対面ですから手土産があったほうが印象が良いし自分も行きやすいです。
金額は500〜1000円程度のもので構いません。
お菓子、お茶、洗剤、タオルなど消耗品が喜ばれます。

 

さて挨拶に行くと言っても、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

一戸建ては昔から「向こう3軒両隣」という言葉があるように、自分の家の両隣と向かいの家、さらにその両隣に行くものだそうです。
あと戸建ての場合はゴミ捨て場所の清掃などが順番だったりや地域のお祭りへの参加があったりと、マンションなどとはご近所の付き合い方が違う点があります。
できれば自治会長さんにもご挨拶しておくといいかと思います。

 

マンションやアパートの場合は、上下左右の部屋の方にあいさつしましょう。
集合住宅の生活音はお互いに響きますので、少しでもイメージアップをしておきたいですね。

 

 

引越し業者とオプション

 

草加市 引越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用の合計金額です。
ではこの「オプション費用」とは何に事でしょう?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

引越しする人全てには必要ありませんが、必要な人にだけ便利な有料のサービスがオプションです。

 

依頼が多いのはエアコンの移設です。
エアコンは自分で購入して取り付ける人も多く、引越しの際には新居に持って行きたいと思うのは当然です。
引越し前に自分で電器屋に来てもらって取り外してもらい、新居でももう一度来てもらって取り付けるという、2回手配しないといけないので面倒なのです。
しかし、引越し業者のオプションなら1度申し込むだけなので手間がかかりませんね。

 

引越しの時には旧居と新居、両方とも大掃除をする必要があります。
しかし時間がない、妊婦である、小さい子がいる方など掃除が出来ない事情があるなら、オプションのハウスクリーニングを依頼してみるのもいいかと思います。

 

ドライブ好きの方は車なんて自分で運べばいいと思われるかもしれませんね。
しかし長距離運転の場合は時間がない、自信がない、体力がない方もいます。
女性や高齢の方もいますので、長距離運転が出来ない方には車の陸送がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

岡崎 引越し業者 世田谷 引越し業者 久留米 引越し業者